世界道路協会 (PIARC) の概要

世界道路協会(World Road Association - 通称"PIARC")は、非政府および非営利組織として、1908年にパリで開催された第1回世界道路会議の翌年1909年に設立されました。道路および道路交通分野における国際間協力の推進や発展強化を主な目的としており、道路交通分野としては最も歴史のある国際機関です。またPIARCは学術的な研究機関ではなく、より実務的な技術交流に重点を置く国際機関です。1970年には、国際連合の社会経済理事会の諮問機関として承認を受けました。

日本は1910年のPIARCへの正式加盟以来、100年以上にわたり貢献を続けています。PIARCは現在122か国の政府会員と144か国からの団体会員および個人会員で構成されており、さらに国レベルでの情報共有および知識移転を目的に、PIARC国内委員会が日本を含む計40か国で組織され協会の活動成果普及に貢献しています。

PIARCの主な活動

  • 今活動サイクル (2016-2019) では5つの戦略テーマのもと、計21の技術委員会 (Technical Committee) およびタスクフォース (Task Force) が構成されており、道路および道路交通に関するさまざまな分野の研究事例やデータをまとめた報告書を作成しています。また、四半期に1回発行される機関誌「Routes/Roads」を通じて直近の技術委員会の活動動向を発信するとともに、国際セミナーやワークショップの開催を通し、主に開発途上国を対象とした技術移転活動を展開しています。
  • 総会、実行委員会、その他各コミッションにおいて、PIARC全体の運営方針や活動内容が決定されています。総会は毎年1回、実行委員会は年2回、各コミッションは年2回開催されます。
  • PIARC最大のイベントである世界道路会議および国際冬期道路会議が4年に1回開催されています。日本では1967年に東京で世界道路会議が、2002年に札幌で国際冬期道路会議がそれぞれ開催されました。

PIARCの主な出版物 (英・仏・西語)

  • 機関誌「Routes/Roads」: 協会が会員向けに年に4回発行している機関紙です。各技術委員会の活動状況や各国の道路技術者・道路管理者による最新の取り組みを紹介する記事が掲載されています。
  • 技術委員会レポート: PIARCの各技術委員会は四年周期で活動を行っており、各周期の活動成果を技術レポートとして出版しています。技術委員会が取り扱う道路・道路交通に関連するテーマに沿った最新技術・各国の取り組み・ケーススタディ集・実務者への助言等について取りまとめられています。
  • 各種オンラインマニュアル: 「Road Network Operation and Intelligent Transportation System マニュアル」「Road Safety マニュアル」および「Road Tunnels マニュアル」の計3編の実務者向けオンラインマニュアルが出版されています。PIARCのウェブサイト会員登録(無料)をして頂くことで閲覧可能です。
  • 道路ディクショナリー: 道路および道路交通分野に関連する専門用語の多言語間辞書です。日本語も含まれています。
  • 世界道路会議2015 大会Proceedings: 第25回世界道路会議が、2015年11月に韓国・ソウル市にて開催されました。PIARCの各技術委員会による活動成果報告をはじめ、世界中から集まった道路・道路交通関係者による最新技術の発表、取り組み紹介および意見交換が行われました。こちらの大会Proceedingsでは、各技術セッションのプログラムおよび発表資料・応募論文・各国運輸系省庁大臣セッションを含む全てのイベントに関する記録が収録されています。PIARCのウェブサイト会員登録(無料)をして頂くことで閲覧可能です。

PIARC国際冬季道路会議2018のご案内

第15 回PIARC 国際冬季道路会議が、2018 年2 月20 日から23 日にかけて、ポーランド共和国のグダニスク市において開催されます。今大会のテーマ「Providing Safe and Sustainable Winter Road Service」のもと、論文アブストラクトの募集がすでに始まっております。最終的に採択された論文の著者にはポスターセッションにおける発表の機会が与えられるとともに、優秀論文の著者には大会テクニカルセッションにおける口頭発表の機会も与えられます。さらに、とりわけ優秀とみなされた論文には、「PIARC 賞2018」が授与されます。詳細情報およびアブストラクトの提出については下記をご参照ください。

今後の主なスケジュールは以下の通りです。

  • 2017年1月31日:アブストラクト提出締切
  • 2017年4月1日:アブストラクト選考結果通知
  • 2017年7月31日:論文提出締切
  • 2017年10月31日:論文最終選考結果通知

PIARC 日本国内委員会

 日本では日本道路協会がPIARC国内委員会としての機能を果たしており、1954年に正式にPIARCに認められています。

 日本道路協会は、国内外の道路の果たす多様な役割を通じて国民生活に不可欠な道路政策のあり方を研究し、道路に関する知識の普及、道路及び交通の発達を推進することを目的として、各種事業活動を行う公益社団法人です。またPIARC活動に関する紹介に加え、PIARC会員への申し込みも受け付けています。

 PIARC日本国内委員会についての更なる情報については以下をご覧ください。

http://www.road.or.jp

PIARC 事務局 連絡先

*PIARC事務局には1991年から日本人スタッフが派遣されています。日本語での直接の問合せは以下の通りです。

Tour PASCAL B 19e étage

5 Place des degrés 92055

La Défense, France

Tel: +33 1 47 96 81 19

Fax: +33 1 49 00 02 02

Email :

junichi.miyazaki@piarc.org

(担当:宮崎)