ようこそ 世界道路協会(World Road Association: 通称PIARC)  HPへ

PIARCは、道路及び道路交通に関わる知識/技術移転について、道路関係者間における国際的な関係構築の場として活動しています。

世界道路協会の概要

熊野古道・大門坂

熊野古道・大門坂

 世界道路協会(World Road Association; 通称PIARC)は、非政府及び非営利組織として、1908年にパリで開かれた最初の世界道路会議の翌年の1909年に設立されました。道路及び道路交通の分野における国際間での協力の推進や発展の強化を目的としており、道路交通の分野としては最も歴史のある国際組織で、日本は1910年に正式に加盟してから100年以上に渡って貢献を続けています。

 またPIARCは、国連の経済社会理事会の諮問機関として1970年に承認されています。

 現在122カ国の政府会員と144カ国からの団体会員及び個人会員から構成されており、更に国レベルでの情報共有や知識移転の場として、PIARC国内委員会が38カ国で組織されPIARCの成果の普及に貢献しています。

PIARCの主な活動

  • 今サイクル(2012-2015)では4つのテーマのもと、計17の技術委員会が構成されており、道路および道路交通におけるさまざまな分野の研究事例やデータをまとめた報告書を作成しています。また、四半期に1回発行される機関誌Routes/Roadsを通じて、最近の技術委員会の活動に関するトピックを取り上げ発信するとともに、国際セミナーやワークショップを開催し、主に途上国への技術伝承のため活動を展開しています。
  • 総会、実行委員会、3つのコミッションにおいて、PIARC全体の運営方針や活動内容が決定されています。総会は毎年1回、実行委員会は年2回、3つのコミッションは年1~2回開催されます。
  • 最大のイベントである世界道路会議および国際冬期道路会議が4年に1回開催されています。日本では1967年に東京で世界道路会議が、2002年に札幌で国際冬期道路会議がそれぞれ開催されました。

世界道路会議(最近の5大会)

 開催年月

 開催都市

 開催国

1999年10月

クアラルンプール

マレーシア

2003年10月

 ダーバン

 南アフリカ

2007年9月

 パリ

 フランス

2011年9月

 メキシコシティ

 メキシコ

2015年11月

 ソウル

 韓国

ソウル大会のHP: http://www.piarcseoul2015.org/wrcs/

国際冬期道路会議(最近の5大会)

2002年1月

 札幌

 日本

2006年3月

 トリノ

 イタリア

2010年2月

ケベック

 カナダ・ケベック

2014年2月

 アンドラ・ラ・ベリャ

 アンドラ

2018年2月

 グダニスク

 ポーランド

PIARCウェブサイトの主な内容 (www.piarc.org)

- 英語・仏語・スペイン語 -

桜と瀬戸大橋

日本国内委員会

 日本では日本道路協会はPIARC国内委員会としてその機能を果たしており、1954年に正式にPIARCに認められています。

 日本道路協会は、国内外の道路の果たす多様な役割を通じて、国民生活に不可欠な道路政策のあり方を研究し、道路に関する知識の普及、道路及び交通の発達を推進することを目的として、各種事業活動を行う社団法人です。

 またここではPIARC活動に関する情報が得られるとともにPIARC会員への申し込みも受け付けています。

 日本道路協会及びPIARC日本国内委員会についての更なる情報は以下で参照頂けます。

http://www.road.or.jp

連絡先

World Road Association (PIARC)

Tour PASCAL B 19e étage

5 Place des degrés 92055

La Défense, France

Phone : +33 1 47 96 81 21

Fax : + 33 1 49 00 02 02

Email : info@piarc.org

*PIARC事務局には1991年から日本人が派遣されています。日本語での直接の問合せは以下の通りです。

Phone : +33 1 47 96 81 19

Email : junichi.miyazaki@piarc.org